パチンコ業界ニュース

バックナンバー

全国7会場で『ガンダム』発表会が一斉スタート(2013/02/20更新)

東京会場にはガンダム、シャア専用ザクの 巨大オブジェも展示された。

 SANKYOでは2月18日、パチンコ新機種『フィーバー 機動戦士ガンダム』の発表展示会を東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、広島の7会場で同時開催。東京会場にはアムロ・レイの声優・古谷徹さん、シャア・アズナブルの声優・池田秀一さんがゲストとして駆けつけた。

 リアルタイム中継で結ばれた全7会場のオープニングでは、古谷徹さんが「ガンダム、行きます!」の掛け声とともに全会場の試打機の電源がONとなり、同時に試打がスタート。

 古谷さんは「私たちがライフワークとしているガンダムがついに完成しました。様々なキャラクターが登場するのでたっぷりと楽しんでいただきたい」とPR。池田さんは「名前は秀一ですが、週3回パチンコをプレイしているので楽しみ。一緒にフィーバーしましょう!」と挨拶。トークショー、ガンダムの名シーンに合わせてアテレコを披露して会場を盛り上げた。

 『フィーバー 機動戦士ガンダム』はST仕様によるMAXタイプ。

 基本スペックは大当たり確率1/399.6、確変突入率50.5%(電チュー入賞時は100%)、ST150回、特定大当たり後時短100回、16ラウンド、9or8カウント、出玉1620or2130個、賞球3&10&15。

 ラウンド振り分けは、ヘソ入賞時が16ラウンド確変50.5%、16ラウンド通常49.5%(出玉は実質12R分)、電チュー入賞時が16ラウンド確変100%。

 ST「G-RUSH」突入後の平均TYは約8500個とMAXタイプ最高峰のスペックとなっている。


(C)創通・サンライズ